トップ  >  想うこと  >  戦後70年に想う

戦後70年に想う

2015年08月15日

1945年(昭和20年)8月15日にポツダム宣言受諾により、
第二次世界大戦が終わり、8月15日が終戦記念日となった。

私の年代では、8月15日と言えば、終戦記念日。

この日だけでも戦争の悲劇を想い、語り続ける日と考えてきたけれど、
現代に生きる若者に8月15日は何の日か聞いても
終戦記念日と答える人が少ないことに驚きです。


もう70年。まだ70年



あの時代を生きてきた人にとっては、終わることのない戦争の記憶でしょう。

私は祖母と一緒に暮らしていたおかげで、戦争のことを聞いて育ちました。

空襲警報が流れるたびに子供を抱えて非難する。

いよいよ危ないかも?と思った時には、4人の子供を連れて
実家まで何時間もかけて走って逃げていった。

そんな話を繰り返し聞いてきました。

ロクなものを食べることができずに、
イモばかり食べていた。

私が前日の残りのご飯は臭くて食べたくないと言った時、

今はこんなに白いお米が食べられるんだから、
昨日の残りだって、ありがたい。ありがたい。

と。


子どもの頃は分からなかったけれど、
自分で働き食べていくようになって、
その時の祖母の言葉を深く感じます。


伝え続け、平和を祈り続けなければいけません



もっともっと、祖母に戦争の話を聞いておけばよかった。

そして、その時の想いを聞いておけばよかった。

今となっては、聞いた話だけでも伝え続けていきたい。


8月15日が終戦記念日と知らないのは、
幸せな時代の証拠かも知れません。


もう二度と、戦争をしてはいけません。

なぜ、人と人が殺しあわなければいけないのでしょう。

人と人は思いやり愛し合わなければいけません。

世界中から戦争がなくなりますように。
スポンサーサイト

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る