トップ  >  身体のこと  >  春の眠さと倦怠感

春の眠さと倦怠感

2017年05月14日

このところ、春と言うよりも、初夏の天候ですね。

だんだんと、梅雨があるのかないのか分からなくなり、
四季の間隔が変わってきている気がします。

春になると、眠気や倦怠感も増してくるのですが、
みなさんはどうでしょう?

なぜ、春に眠くなるかと言うと、
冬の間は日照時間が短かったのが、春になると日照時間は長くなり、
それに伴って、私たちの体内時計が調節されていくのですが、
体内時計の調整がうまくいかないと、時差ボケの状態となります。

また、冬は自律神経の交感神経のほうが優位に働いているのですが、
春は暖かくなるので、副交感神経が優位になってきます。

副交感神経は身体をリラックスさせる働きがあるので、
眠くなりやすいのです。

でも、春こそ体内時計を整え、自律神経を調節するいい機会かも知れません。

いつもより若干、早く起きて、朝の目覚めをスッキリとさせ、
体内時計を整える生活をしてみませんか?


>>地球のリズムと体内時計

スポンサーサイト

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る